2017年6月4日日曜日

電工の試験にも便利なプレートはずしキー

名前はプレートはずしキーで、化粧板を外す道具として売られている。
しかしこれ、コンセントやスイッチから電線を引き抜くのに便利だったりするので知られて欲しい。
特に、電線を外すのに慣れてない電工の実技を受験する人に。

コンセントなどから電線を外す時って、教科書的にはマイナスドライバーを挿しながら
電線を引き抜くってなってるけど、実際やってみると少し難しい。
力を入れてドライバーを押し続けながら抜かないといけないので、手が足りなくなる感じ。
電工の試験の練習をやる人をいろいろ見てきたが、苦手な人が多いようだ。

ところが、このプレートはずしキを使うとかなり簡単。
ザクッっと挿すと刺さりっぱなしになるので、あとは電線を引き抜くだけ。
チョー楽ちん。



慣れればマイナスでも余裕なんですけどね。
っていうか電工の試験でも、間違えなければ良いだけの話なんですけどね。

でも、そんな余裕がなくて、ミスしない自信がない人は試験に持っていくと
もしかしたら役に立つかもしれない。




同じものを新たに登録するなよな・・・